スポンサーリンク

新海誠監督次回作は北海道が舞台?北海道との縁について大紹介!

2022年11月11日公開の映画「すずめの戸締り」が大ヒット中の新海誠監督。

気になるのが次回作の構想でありますが、なんと次回作の舞台として北海道のある場所が使われるかもしれないという噂をキャッチしました。

ここではその噂の真偽について検証してみようと思います。

また、北海道とは縁の深い新海誠監督の北海道との縁についてもご紹介致します。

このブログを読んでわかる事

・新海誠監督の次回作は北海道が舞台となるのか
・新海誠監督と北海道との縁について

スポンサーリンク

新海誠監督の次回作は北海道が舞台となるのか

新海誠監督の次回作は北海道になるのか?

この噂を聞きつけたのはテレビ朝日系列HTBの北海道の朝の情報番組「イチモニ!」に新海誠監督とすずめ役の原菜乃華さんが出演していたことからでした。

新海誠監督が札幌に来た目的

札幌に「すずめの戸締り」の舞台挨拶に来ていた二人。

札幌シネマフロンティア(札幌駅直結ステラプレイス7F)や札幌ユナイデッドシネマ(札幌ファクトリー内)で舞台挨拶をしていたようであります。

新海誠監督の次回作は北海道なのか?

2022年12月5日(月)放送の「イチモニ!」に出演した新海誠監督とすずめ役の原菜乃華さん。

ここで次回作につながりそうなお話を聞くことができました。

インタビュアーである室岡里美アナウンサーが新海誠監督に次回作はぜひ北海道にと北海道の景色の綺麗な名所をプレゼンしておりました。

紹介していた場所をまとめますとこのようになります。

新海誠監督に紹介された場所

麦稈(ばっかん)ロール(美瑛町)
・神の子池(清里町)
・然別湖畔の線路(鹿追町)

・ジュエリーアイス(豊頃町)

他にも紹介パネルはあったようですが、番組内で紹介されていたのはこちらとなります。

ではそれぞれについて詳しくご紹介致します。

スポンサーリンク

麦稈(ばっかん)ロール(美瑛町)

まず紹介されていたのはこちら美瑛町の麦稈(ばっかん)ロールであります。

小麦を刈り取った後に残る麦わらで作ったもので、北海道の風物詩ともいえるものであります。

美瑛町という事で紹介されておりましたが、北海道のいたるところで見ることができます。

重さは300Kgとなかなかの重量級!

ひらけん
ひらけん

小さい頃から乗ってみたいとは思っておりますが

いまだ夢は叶っておりません(笑)

神の子池(清里町)

次に紹介されたのが清里町にある神の子池であります。

こちらは透明度が高くきれいな青色に見えることから奇跡の色として有名な湖であります。

湖の周りの幻想的な風景も相まってまるで映画のワンシーンの中にいるような感じになれます。

とっても素敵な風景なのですが、新海誠監督は「もののけ姫とかぶっちゃいそうかも‥厳しいかな」とちょっと消極的でありました。

ひらけん
ひらけん

実は先ほど紹介した美瑛町にも青い池という

素敵な場所があります。

雰囲気も神の子池に似ていますね。

然別湖畔の線路(鹿追町)

続いて紹介されていたのがこちら、鹿追町の然別湖畔の線路です。

有数の透明度を誇る然別湖。

遊覧船を引き込んでいた線路がありましてそれが湖に沈んでいる風景が、まるでアニメのワンシーンのような風景だと話題となっている場所であります。

こちらは原菜乃華さんに大好評でありました。

ジュエリーアイス(豊頃町)

新海誠監督が一番興味を示したのがこちらでした。

豊頃町のジュエリーアイスであります。

十勝川を覆いつくす氷が太平洋に流れ出し、河口の大津海岸に打ち上げられる氷の塊が太陽の光を受け美しく輝く自然現象です。

朝・昼・夕方で違う輝きを見せるジュエリーアイス。

興味津々だった新海誠監督は「詳しい住所を教えてください」と聞くほどでありました。

もしかしたら次回作に登場する可能性は大ですね!

まあ、他にも幻想的な風景はたくさんありますからね、ホントいっそのこと北海道を舞台にした作品を作って欲しいなって思いました。

聖地巡礼もしやすいし‥(筆者は北海道在住)

では、次は新海誠監督と北海道の縁についてご紹介致します。

スポンサーリンク

新海誠監督と北海道の縁について

実は新海誠監督と北海道は縁があるってご存じでしたか?

こちらも「イチモニ!」の番組内でとりあげられていたのですが、新海誠監督が出演した映画の舞台挨拶で新海監督が語っているシーンが放送されておりました。

2002年に公開された新海誠監督のデビュー作品である「ほしのこえ」

こちらの作品をテレビで初めて取り上げたのが、北海道のHTBだったのだそうです。

誰からも取り上げられないだろうなと思っていた新海誠監督でしたが、これには驚いて本当に嬉しかったのだそうです。

このように北海道も縁の深い新海誠監督。

2004年に公開された「雲のむこう、約束の場所」では北海道をモチーフにしたユニオンの支配下におかれたエゾが出てきますが、あくまで架空の世界なので北海道らしさはありませんでした。

ぜひ次回作では北海道の雄大な景色を舞台とした映画「北の国から」を(いや待て)お願いいたします!

スポンサーリンク

新海誠監督と北海道についてまとめ

ここまで映画「すずめの戸締り」が大ヒット公開中の(2022年12月9日現在)新海誠監督の次回作が北海道が舞台となるのか?

ということをご紹介してきました。

まとめますとこのようになります。

新海誠監督の北海道での行動

・新海誠監督とすずめ役の原菜乃華さんが舞台あいさつのために札幌へ
・北海道の情報番組「イチモニ!」に出演
・室岡アナウンサーが次回作は北海道でとプレゼンをする
・その中の一つに新海誠監督が興味津々

この時新海誠監督にプレゼンされた場所はこちらとなります。

新海誠監督に紹介された場所

麦稈(ばっかん)ロール(美瑛町)
・神の子池(清里町)
・然別湖畔の線路(鹿追町)

・ジュエリーアイス(豊頃町)

この中で新海誠監督が興味津々だったのが豊頃町のジュエリーアイスで、この場所の住所を教えてくださいと聞くほどでした。

デビュー作品「ほしのこえ」が北海道のテレビ番組で最初に取り上げられたという縁もありますので次回作が北海道となると僕は信じておりますが果たしてどうなるやら。

「すずめの戸締り」が公開されたばかりですし、君の名はが2016年、天気の子が2019年、すずめの戸締りが2022年ですから次回作は2025年でしょうかね。

ぜひ北海道を舞台とした作品をお待ちしております!

また、現在公開中のすずめの戸締りに関する数々の謎について僕なりに考察したり調べたりしました記事の一覧をまとめておりますのでご参考下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

error:無断転載につきましてはしかるべき処置を取らせて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました