スポンサーリンク

坂田利夫の若い頃が凄かった!?あほの坂田と呼ばれるようになった由来について

「アホの坂田」の愛称で親しまれた元漫才コンビ「コメディNO.1」の坂田利夫さんが2023年12月29日に大阪市内で亡くなったことが発表になりました。

享年82歳、老衰だったとのことです。

坂田利夫さんの旅立ちには間寛平さんはじめ多くの後輩芸人たちが追悼の声を寄せています。

今回はそんな坂田利夫さんの若いころの活躍や、アホの坂田と呼ばれるようになった由来などについて紹介します。

このブログを読んでわかること

・坂田利夫の若い頃が凄かった!?
・あほの坂田と呼ばれるようになった由来

スポンサーリンク

坂田利夫の若い頃が凄かった!?

坂田利夫さんの若いころはお笑い界で一世を風靡していました。

そんな坂田利夫さんのwikiプロフィール経歴についてご覧ください。

名前 地神 利夫
読み方じがみ としお
呼び名アホの坂田、坂田師匠
生年月日 1941年10月7日
没年月日 2023年12月29日(82歳)
出身地大阪府大阪市港区田中1丁目
血液型B型
身長159 cm
最終学歴此花商業高等学校(現・大阪偕星学園高等学校)卒業
出身吉本新喜劇研究生
活動期間1967年 - 2022年(芸歴55年)
相方前田五郎(コメディNO1)
立ち位置向かって 右
代表番組あっちこっち丁稚
バラエティー生活笑百科(不定期出演)
めちゃ2イケてるッ!(不定期出演)

漫才コンビ「コメディNO.1」の出囃子はキダ・タローさんが作曲した「アホの坂田」でした。

「♫アホ、アホ、アホの坂田」というポップなリズムにのって坂田さんがステージに登場すると観客はもうそれだけで大爆笑。

なぜなら、坂田利夫さんは手足をくねらせ独特の横歩きで登場するからです。

「あ、よいとせのこらせのよいとせのこらせ」と言いながら歩いています。

そして、ようやくステージ中央のマイクの前に立つと「ありがとさーん」

ここで観客は再び大爆笑です。

漫才が始まる前から観客は坂田利夫さんの虜になってしまっています。

そんな漫才コンビ「コメディNO.1」は1967年に結成後、このような賞を受賞しています。

「コメディNO.1」受賞歴

・1970年「上方漫才大賞新人賞」
・1979年「上方お笑い大賞」
・「上方漫才大賞」

さらにテレビ、映画、ドラマ、CMでも活躍。

映画「0.5ミリ」(2014年、安藤桃子監督)では「おおさかシネマフェスティバル」助演男優賞を受賞しています。

ひらけん
ひらけん

坂田利夫さんの若いころ!すごかったですねー。

スポンサーリンク

坂田利夫があほの坂田と呼ばれるようになった由来について

坂田利夫さんがあほの坂田と呼ばれるようになった由来について紹介します。

坂田利夫さんの坂田は芸名で、将棋棋士の坂田三吉に由来します。

ただ坂田さんは将棋はヘタだったと自身で明かしています。

坂田三吉さんのように上手になりたいというあこがれと希望から坂田という芸名を付けたのでしょうね。

そんな坂田さんが「アホの坂田」とよばれるようになったのは、1967年に「コメディNO.1」を結成後1972年の頃です。

「なにわのモーツァルト」と呼ばれていたキダタローさんが作曲、当時の新喜劇の脚本・演出を務めた故竹本浩三さんの作詞による楽曲「アホの坂田」がきっかけとなります。

歌唱するのは合唱団「♫アホ、アホ、アホのさかた!アホ、アホ、アホのさかた!」

レコーディング中は全員が笑いが止まらなくなり、2時間ほど予定していたところが8時間もかかってしまったと言います。

楽曲「アホの坂田」は発売スタートしてすぐに6万枚を売り上げました。

大ヒット間違いなしと思われたころ、大阪市教育委員会から販売中止の要請を受けます。

理由は、坂田姓の子供がいじめを受けるというのが理由でした。

スポンサーリンク

お笑いコンビ「コメディNO.1」からピン芸人へ!

出囃子に「アホの坂田」を使い、その後も順調に人気を得た「コメディNO.1」

坂田さんは若手時代に西川きよしさんと同居していたほど仲が良かったそうです。

2009年にはコンビを解消。

ピンでバラエティ番組やドラマなどに出演し活躍をつづけた坂田さん、

相方の前田五郎さんは2021年10月に他界しています。

坂田さんは生涯独身を貫き、妹が晩年の坂田さんの世話をしていました。

スポンサーリンク

キダタローとは?

キダ・タローさんは、日本の作曲家、ピアニスト、タレント、ラジオパーソナリティとして活躍していました。

2023年現在は93歳で自宅で毎日ゲームなどをして過ごしているそうです。

スポンサーリンク
キダタローのwikiプロフィール経歴

愛称:浪花のモーツァルト
本名:木田太良(読みは同じ)
生年月日:1930年12月6日
身長:165cm
出身地:兵庫県宝塚市
最終学歴:関西学院大学社会学部 中退
属事務所:昭和プロダクション

キダタローさんは、「アホの坂田」という楽曲について「作曲家人生の中でも特別に印象深い曲」と語っています。

キダタローさんはデビュー当初の坂田利夫さんを「爆笑寄席」で観ていました。

「コメディNO1」の坂田利夫さんは「アホと呼んでね」とお客さんに言っているところがキダタローさんにとって衝撃だったと言います。

「自らアホと言う人はなかなかおらん。少なくとも僕は初めて見てなんか感動した。おもろいひとやなぁ」

そんな坂田利夫さんへの楽曲提供を依頼された際には快諾したとのことです。

「アホの坂田」の作曲のモチーフはキダタローさんがかつて進駐軍のバンドに所属していた時のメキシオ人の兵隊からリクエストされた“メキシカン・ハット・ダンス”といいます。

アホ、アホ、アホの坂田というフレーズと、そのメキシコ民謡のリズムが「すぐに結びついた」と当時のひらめきを今も鮮明に覚えていました。

キダタローさんはこれまで「かに道楽」などのCM曲。

そして北原健二さんの「ふるさとのはなしをしよう」など、手がけた楽曲は3000曲以上と言われています。

坂田利夫さんからは会うたびに「おおきに」と礼を言われたキダタローさん。

坂田さんの人柄について、「坂田利夫さんはとても良い人でまっすぐな優しい人でした」とのこと。

「しぶとく生きてくれると思ってたんですけどね、私より先に逝ってしまった。本当に残念です。もうちょっと頑張ってほしかった“先行くで~”という優しい声が聞こえてくる気がします」 

スポンサーリンク

竹本浩三とは?

竹本浩三さんは1933年(昭8)に和歌山市生まれ、劇団くるみ座、東宝株式会社文芸部などをへて1959年に吉本興業入社。

コメディーNo.1坂田利夫さんのヒット曲「アホの坂田」の作詞を務めたことでも知られています。

吉本興業では吉本新喜劇だけでなく、「パンチDEデート」「爆笑寄席」「ごろんぼ波止場」などテレビ、ラジオ番組の作・演出も5000本以上手掛けていました。

また、帝京平成大学教授、帝塚山大学教授、大阪市「上方芸能文化顕彰」選考委員なども務め2022年2月18日、89歳で自宅で死去されています。

スポンサーリンク

坂田利夫についてまとめ

今回は、2023年12月29日に老衰で他界された坂田利夫さんについて紹介しました。

まとめますとこのようになりますのでご覧ください。

坂田利夫についてまとめ

【アホの坂田と呼ばれるようになった由来】
・アホの坂田と呼ばれるようになった由来は、ヒット曲のタイトルが「アホの坂田」だったから。
・漫才で「アホと呼んで」と自分で言っていたから。

【坂田利夫のwikiプロフィール経歴】

名前 地神 利夫
読み方じがみ としお
呼び名アホの坂田、坂田師匠
生年月日 1941年10月7日
没年月日 2023年12月29日(82歳)
出身地大阪府大阪市港区田中1丁目
血液型B型
身長159 cm
最終学歴此花商業高等学校(現・大阪偕星学園高等学校)卒業
出身吉本新喜劇研究生
活動期間1967年 - 2022年(芸歴55年)
相方前田五郎(コメディNO1)
立ち位置向かって 右
代表番組あっちこっち丁稚
バラエティー生活笑百科(不定期出演)
めちゃ2イケてるッ!(不定期出演)

坂田利夫さんは一時期、街で一般の方から「アホ」と言われると怒っておられたそうです。

道端で気軽に「アホ」と声をかけた方は悪気はなくステージで坂田さんが「アホと呼んで」と言っているので「アホ」と言ったのでしょう。

関西で「アホ」と呼ぶ理由は親しみや愛情、優しさを込めて言われています。

坂田さんは次第に「アホ」と呼ばれても怒らなくなったのだとか。

さらに年齢を重ねるうちにプライベートで「アホ」と呼ばれることは、なくなりました。

ステージではボケを演じていましたが、プライベートではダンディで素敵な方だったようですね。

坂田利夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

坂田利夫公式

コメント

error: 無断転載につきましてはしかるべき処置を取らせて頂きます。
タイトルとURLをコピーしました